これで安心!ビジネスローンおすすめ6社

TOP > ビジネスローンについて > ビジネス用のローンの審査基準と借り入れ件数

ビジネス用のローンの審査基準と借り入れ件数

 お金を借りる目的で、カード申し込みが行われる事はよくあります。
しかしカードの申し込みをすれば、金融業者による審査も受ける事になります。
審査基準は複数ありますが、中でも重要視されるのは借入状況です。
借りている件数が多い方々ですと、少々難しい傾向があります。
例えばカードを作る為に、銀行に申し込みしたとします。
しかし人によっては、銀行に申し込みをする際に、複数の金融業者から借りている事もあります。
複数の消費者金融から借りている方々も、珍しくありません。
その場合、銀行での審査で落とされてしまう事は、よくあります。
上述の通り、借り入れ件数が少々多い方々ですと、やや難しくなってしまう訳です。
3社や4社などから借りている最中ですと、審査に落とされる確率は高まります。
ですからカードを作るなら、件数は減らしておく必要があります。

 ところで設備投資が必要な法人は、たまにローンを検討しています。
自社の予算では限界がある時などは、ローンで借りる選択肢も浮上する訳です。
しかしビジネス目的のローン商品も、審査はあります。
銀行に申し込みをする法人によっては、上述のカード申し込みのように、複数社から借りている事もあります。
過去に何かの理由があって、複数の賃金業者から借りている法人も珍しくありません。
そしてカード商品ですと、複数から借りている状態では審査に通りづらい訳です。
ですから融資を検討している法人としては、借り入れ件数を気にしている事もあります。
では借り入れ件数が多い状態ですと、ローンで借りるのは難しいかと言われれば、金融の業者次第です。
確かに銀行などでは少々難しい傾向はありますが、業者によっては借りられる場合があります。

 例えばノンバンクです。
ノンバンクの場合は、銀行とはまた異なる基準を採用しています。
確かにノンバンクの審査でも、借り入れ件数は確認される事になります。
件数が多いと、不利になる傾向はあります。
しかしノンバンクでは、借り入れ件数だけで審査を行っている訳ではありません。
法人の状況も、色々あります。
たとえ複数社から借り入れをしていたとしても、他の要素でカバーできる事もあるからです。
現時点では複数の会社から借りていても、将来性が期待できる法人ならば、問題なく融資が実行される事もあります。
ですからノンバンクの場合は、たとえ複数から借りていても、柔軟に対応してくれる事もある訳です。
ですから複数の所から借りているとしても、試しにノンバンクに相談してみると良いでしょう。
状況によっては、借りられる可能性があります。

次の記事へ

先頭に戻る