これで安心!ビジネスローンおすすめ6社

TOP > ビジネスローンについて > ビジネス用のローンの特徴と顧客の元への訪問

ビジネス用のローンの特徴と顧客の元への訪問

 金融業界の業者は、たまに顧客の所に訪問している事があります。
目的は色々あって、顧客に対して商品に関して詳細内容を伝える事もあれば、何かを届ける事もある訳です。
ビジネス用のローン商品も、たまに担当者が訪問している事はあります。
それは、この商品の特徴の1つです。
ビジネス用のローンで借りるまでの流れですが、まずはWEBなどで申し込みを行います。
自社に関する様々な情報なども入力し、金融業者にデーターを送信する訳です。
すると金融業者の担当者は、まずは一旦顧客に電話をかけます。
顧客の状況をヒアリングすると共に、審査に必要な情報を聞き取る必要があるからです。
それで一旦仮審査が行われます。
仮審査で特に問題なかった時には、本審査に進む訳です。
本審査でも問題がなければ、融資額が入金される事になります。

 ところが金融業者によっては、仮審査の後に訪問する事があります。
融資を受けたい事業者の所に訪問する訳です。
なぜ訪問するかというと、更に詳細な情報を聞き取る必要があるからです。
金融業者がお金を貸し出す時には、慎重に審査を行います。
事業年数や財務状況なども、正確に確認しておく必要があります。
所要時間は、おおむね1時間目安です。
それで詳細な内容を確認したら、改めて本審査が行われる訳です。
ただし訪問による詳細確認は、全ての金融業者が行っている訳ではありません。
それを実行するかどうかは、金融の業者次第です。
最近では訪問せずに審査を行っている金融業者も、徐々に増えてきています。
しかし事業資金に関するローン商品の場合は、今なお顧客の元に訪問をして、様々な確認を行っている金融業者も多いです。

 上記のように金融業者が訪問するのは、ローン商品としては比較的珍しい方です。
他の商品の場合は、必ずしも訪問するとは限りません。
例えばカード商品です。
最近ではカードローンなどの商品が活用される事も多いですが、その商品の申し込みをした後に、顧客の元に訪問するケースは殆どありません。
カードローンの場合は、あくまでもWEBや電話だけで申し込み者の情報を確認します。
顧客の自宅に訪問をする事は、まずありません。
それに対してビジネス用のローン商品の場合は、事業者の元に訪問する事も多々ある訳です。
電話だけでは詳細な内容を確認するのも困難なので、わざわざ顧客の元に訪問している訳です。
それは、ビジネス用のローン商品の特徴の1つです。
なお具体的な訪問日時などは、相談可能です。
基本的には申し込み者にとって都合の良い日時で、訪問してくれます。

次の記事へ

先頭に戻る