これで安心!ビジネスローンおすすめ6社

TOP > ビジネスローンについて > 手数料と融資の金額にメリットがあるビジネス用のローン

手数料と融資の金額にメリットがあるビジネス用のローン

 法人が資金を調達する方法は、複数あります。
何かを売却して、資金を調達する事も一応可能です。
法人は、何らかの在庫を抱えている事もあります。
その在庫の一部を売却すれば、資金を確保する事は可能です。
また銀行に対しては、売掛金なども売却可能です。
法人には、必ずと言って良いほど取引先があります。
その取引先の為に仕事を行って、数ヶ月後に支払われる状態になっている事もあります。
数ヶ月後などに支払い見込みのお金が、売掛金です。
銀行やファクタリングの業者に相談してみると、その売掛金を売却できる事もあります。
数ヶ月後などでなく、早めにお金を調達できますから、利用している法人も少なくありません。
しかし上述のような「売却」で資金を調達するよりは、ローンの方が便利との意見も多いです。

 確かにファクタリングなどのシステムを活用すると、お金を確保する事はできます。
しかしその売却のシステムは、手数料に関するデメリットがあります。
その方法で売却をする際には、ファクタリングの専門業者に手数料を支払う訳です。
ファクタリングの業者によっては、手数料を少々高めに設定している事もあります。
ですから二の足を踏んでいる法人も、少なくありません。
それよりもビジネス用のローン商品の方が、かえって手数料を抑えられる事も多いです。
確かにローンで借りるなら、金利手数料は支払う事になります。
ですが、それでも上述の売却の手段と比べると、手数料は低めな傾向があります。
ですからコストを抑えたい時には、ファクタリングというよりは、むしろローンにする方が望ましい事もあります。

 それとビジネス用のローンは、金額に関するメリットがあります。
確かにファクタリングなどは、資金を調達する事は可能です。
しかし売却するシステムですから、調達できる金額には限界があります。
仮に売掛金が300万だとすると、それ以上の金額は調達できません。
「売却」するシステムだけに、売掛金以上の金額にならない訳です。
しかしお金を調達したい法人としては、もっと大きな金額が必要な事もあります。
300万円未満では足りない事もある訳です。
それに対してビジネス用のローンは、更に大きな金額を借りる事も可能です。
特に有担保型のローン商品ですと、比較的大きな金額を借りられます。
不動産物件などを担保に入れて、事業資金を確保している方々も少なくありません。
ですから大きな金額が必要な時は、売却するよりは、むしろローンがおすすめです。

次の記事へ

先頭に戻る