これで安心!ビジネスローンおすすめ6社

TOP > ビジネスローンについて > 担保物件がないとビジネス用ローンで借りるのは困難か

担保物件がないとビジネス用ローンで借りるのは困難か

 お金を借りる時には、何かを担保に入れる事があります。
抵当と表現される事も多いですが、いわゆる質屋もその一例です。
質屋からお金を借りる時には、金銭価値が高い物を預ける事になります。
ブランド物のバッグなどを質店に預けて、お金を借りるシステムだからです。
ちなみに返済に滞った時には、そのバッグなどが売却される事もあります。
金融業者から借りる時にも、その担保が必要な事も多いです。
不動産担保ローンなどは、その1つです。
万が一の時には不動産物件を売却するという契約で、お金を借りる事になります。
比較的大きな金額を借りられますから、前向きに検討している方々も珍しくありません。
ただし担保ローンは、リスクもあります。
万が一返済に滞りますと、物件の売却される可能性はあるので、注意が必要です。

 ビジネス用のローンも、例外ではありません。
銀行では、多くのローン商品を取り扱っています。
銀行から借りたい時には、たいていは担保が必要です。
つまり上述のような不動産物件などを抵当に入れて、お金を借りる事にはなります。
また銀行の場合は、保証人が必要な事も多いです。
ところがお金を借りたい方々は、必ずしも不動産物件を準備できるとは限りません。
担保は、必ずしも本人保有の物件でなくても構いませんが、それでも難しい事があります。
また担保が必要ですと、申し込みの手間も大きくなる傾向があります。
担保物件に関わる、様々な書類も提出する必要があるからです。
では担保物件を準備するのが困難な方々は、ビジネス用のローンで借りるのは難しいかというと、業者次第です。
申し込みをする金融業者によっては、担保がなくても問題無いからです。

 ビジネス用のローン商品を提供しているのは、何も銀行だけではありません。
ノンバンクから借りる事も可能です。
それでノンバンクの場合は、銀行とは異なるやり方で審査を行っています。
審査基準も、銀行とは異なる訳です。
その審査の兼ね合いにより、ノンバンクで申し込みをする際には、担保が不要な事も多いです。
無担保型のローン商品を取り扱っているノンバンクも、沢山あります。
また上述の通り、銀行から借りたい時には保証人が必要な事も多いです。
しかしノンバンクで申し込みをする場合は、必ずしも保証人が必要であるとは限りません。
保証人を立てる方が有利ではありますが、必須ではありません。
つまりノンバンクなら、担保や保証人不要で借りられる訳です。
ですから担保物件が気になる時には、銀行でなくノンバンクで検討してみると良いでしょう。

次の記事へ

先頭に戻る